Lesson ~ 表千家茶道と日本のたしなみ~和のお教室桐景会

和のお教室桐景会webサイト
初めてさんのための茶道と日本のたしなみ

Lesson

東京・銀座や丸の内周辺で初心者向けに表千家流の初心者向けの茶道講座や
日本文化をたしなむクラスを開講中です。

茶の湯の概要、歴史、基本的なお作法、お家でお抹茶のおもてなしなど
グループ・個人レッスンは、ご招致も承っております。
お問い合わせはこちらか 下記メールアドレスまで
lesson◎jptea-lesson.com (◎を@に変更ください)
※最新情報はブログにて発信しております。

| 初めてさんのための茶の湯クラス | 個別レッスン | その他 | FAQ~ご質問 |

【初めてさんのための茶の湯クラス】  

レッスン風景1.jpg

全く茶道に触れるのが初めて、という方も多く参加されるクラスです。

お茶を習ってみたいけれど、どんな雰囲気なのか知りたい
日本文化に触れてみたい
たしなみとして作法を知っておきたい
昔習っていたので、懐かしくなってもう一度あの雰囲気を味わいたい
お茶会に行ってみたい

という方々が参加されています。
3~6名程度と少人数制。初心者向きで、正座の心配の要らない立礼式(椅子席)です。
茶の湯の世界について、その概念や仕組み、作法について解説の後に練習をします。
作法は表千家流です。お点前の指導はありません。

開催レポートはこちら

【個別レッスン】   

2014-01-02 15.29.15.jpg

・速習~お抹茶とお菓子の戴き方1Day 少人数・随時受付

お抹茶と和菓子の召し上がり方のお作法を都内(丸の内・銀座など)茶寮にて
行うプライベートレッスンです。約1時間半で、1回6000円。(資料・消費税込・飲食代別)。
お懐紙を1帖プレゼント。ご希望の日を明記してお問い合わせください。
土・日・祝日開催です。お申込みはこちら

海外赴任や留学を控えている方などのために、ご要望に応じて
内容をカスタマイズしています。ご相談ください。

開催事例) 

・海外赴任の前に、日本文化の一環として茶道の世界を学びたい方に
茶の湯の歴史、お茶やお菓子の頂き方、参考図書のご紹介などを行いました。

・他流を学んでいらっしゃいましたが、表千家流の茶会に招かれたので
作法だけ知っておきたい、とのご希望で開催。
違いを知ることで、茶の湯の作法において最も重要ことが浮かび上がってくるという
事にお互いしみじみと感じ入る内容となりました。

・自宅でサロンを開催したいが、その時に和菓子屋お抹茶でおもてなしを
したいとのこと。他流で3年習った経歴をお持ちでした。
お菓子やお抹茶の頂き方、お家でティーカップを使っておもてなしをする方法などを
お伝えしました。

ページトップへ

【その他】  

・招致
2016.9.6 「鎌倉から安土桃山時代までの色と茶カフキ体験と簡単お抹茶の点て方」

colorboration和のプレミアムセミナー..茶カフキ体験と簡単なお抹茶の点て方..簡単なお抹茶の点て方


カラープロデューサーのcolorboration主催鳥沢久美子さんの和のプレミアムセミナーにて、
茶カフキ体験と簡単なお抹茶の点て方を担当しました。

今回のシリーズは、時代の特性の色を鳥沢さんが解説し、その時代を
代表する日本文化を体験してもらおうというもの。

茶道ということで、利休よりも前の時代である鎌倉から室町にかけて流行した闘茶をもとに
現在稽古で行われている茶カフキを、初めての方にも気軽に楽しめるものにアレンジして
和菓子と共に、歴史的な背景などの知識と様々な種類のお抹茶(薄茶)を楽しんでいただきました。
またその点て方もご家庭で簡単に楽しめるものとし、ご参加後には毎日の暮らしの中で
簡単に再現できるように方法もお伝えしました。

開催レポートはこちら

・2016.7.26 第10回 美生活サロン・和スペシャル 「夏の和のおもてなしと和のテーブルアレンジ制作」



Flora Rumi&Ambiente 夏の美生活サロン..o0240032013377720792.jpg..ドレッシングボウルと例茶碗で夏の冷たい抹茶のおもてなし

その人気ぶりから、予約の取れないサロンの一つに数えられている、向坂留美子先生より
フラワーアレンジ制作とその空間であるインテリアなどにもフォーカスする「美生活サロン」にて
コラボレッスンをさせていただきました。

初めての「和の美生活サロン」とのことで、前半では向坂先生による
涼しげな和花をアーティフィシャルフラワーで制作。私は後半の和のおもてなし部分を担当しました。

茶道の基本をもとに、夏ならではでご自宅や茶道の雰囲気を取り入れて楽しんでいただけるよう
アレンジし、「冷抹茶と和菓子」での夏のおもてなしアイディアをお伝えしました。

加えて、お茶やお菓子の頂き方、そして普段お稽古に通わなくてもたしなみとして
持っておくと良いお懐紙入れや茶道具のこと、京都などへ観光へ行ったときのお茶の楽しみ方
などもご紹介し、以前茶道を習ったことがある方、お料理や紅茶のサロンを開講されている方などにも
「習っていたころを思い出しました。」「扇子でのご挨拶にもそんな意味があったなんて」
「美味しく楽しかったです。」との多くのお声をいただき、大変お喜びいただけました。
 詳しくはこちら

ページトップへ

・自主開催
・2013年12月 初めてさんのための歌舞伎入門 

初めてさんのための歌舞伎入門

長唄の演奏家で、歌舞伎の大ファンである杵屋巳菜織さんをお迎えして
歌舞伎を見に行きたいけどどうすればいいの?という、初めてさんのために
演目の選び方や、巳菜織さんの個人的オススメ演目、役者さん、チケットの取り方
などなどたくさんお話いただきました。詳しくはこちら→***

終了後は希望者で、歌舞伎座の無料入場エリアへ。大好評で再度開催の
リクエストをたくさん戴きました。


・2012年 和の香りをたしなむ~練香作り

201312練香1.jpg..文香のためのちりめん袋..練香の材料と道具

和の香りの文化も、また奥深いものです。茶道でも灰の上にお香をのせ、その香りを楽しみます。
茶室において炭のにおい消しや空間を清めるだけでなく、癒しやリラックス効果もあります。 

市販のキットを使って、炉で使う練香の講座を開催しました。折り紙やちりめんケースで
文香も作成。講座の様子は、ブログでご紹介しました→こちら

ページトップへ


・茶の湯基礎講座:茶室編

茶の湯クラス 茶室編..六義園茶室

お茶室でお茶の雰囲気を味わいたい方、またお稽古に伺わなくなって久しい方、日本文化に
興味がある方、茶道の作法を習ってみたい方、お茶室でお茶をたててみたい方、初心者の方
向けに開催しました。

やはりテーブル席だけでは、茶の湯の雰囲気のすべてを感じることは難しいものです。
椅子席で講座を開催するうちに、せっかくお抹茶を点てていただくのですから、茶の湯の世界を
もう少し深く感じていただけたら・・・

大寄せの茶会では大人数で何回もこなすために、仕方なく省略され慌しくなってしまいますし、
本来の茶室の拝見などは不可能です。お道具も皆一同で拝見し、取り回すことはまずありません。
歴史が「習い覚えたもの」ではなく、「わかった」瞬間は、実感と知識が一致してこそ。

そこで本格的な茶室で、特に略式である大寄せのお茶会に呼ばれただけでは解らない、
茶室での振る舞い(歩き方、入退出、お茶室の拝見の仕方など)茶室の仕組み、由来、水屋や
道具の準備など裏側も解説・実習しました。

また、茶道の知識のみならず、例えば床の間が出来た日本文化の背景などもあわせて
ご紹介をしております。

また、実際に点前畳に座り、自らもお茶を点て、お菓子を召し上がっていただき、お茶室での
お点前・おもてなしの体験をしていただきました。

ページトップへ