茶の湯(茶道)のこと ~ 表千家茶道と日本のたしなみ~和のお教室桐景会

和のお教室桐景会webサイト
初めてさんのための茶道と日本のたしなみ

1.はじめに 茶の湯と茶道   

matcha.jpg

中国から伝わったお茶は、禅の精神や様々な日本文化と結びつき、
独特の形に発展しました。
茶の湯とは、抹茶を点ててお客様をおもてなしすること。
昔は茶湯(ちゃとう)とも呼ばれていました。
茶道は精神の修養までも含みます。

単なる作法やもてなしの方法だけではなく、禅の精神を土台として
在り方・生き方を追及し、食から美術工芸、茶室や庭などの建築ほか
あらゆる分野において練り上げられ、日本の総合芸術といわれています。

わび・さびの精神、一期一会(いちごいちえ)という言葉。
利休が茶道の心得と諭した、和敬静寂(わけいせいじゃく)。
茶道の世界には、育まれ発展してきた日本文化がたくさん詰まっています。

歴史やエピソードでその一端をご紹介したいと思います。

2.茶の湯のおもてなしとは ~茶事と茶会   

sadoubanner.jpg

茶道は茶の湯のおもてなしに、精神の修養を求めたもの。では、その茶の湯のおもてなし、とは
どのようなものなのでしょうか。

茶の湯の正式なおもてなしを「茶事(ちゃじ)」といいます。会の趣旨に添って、少人数のお客様を
招いて開かれます。濃茶を美味しく召し上がっていただくのがおもてなしです。
そのために、懐石(お食事)やお菓子などを用意し、お湯を沸かすための炭を直し
部屋の設えを途中で部分的に変えて変化をつけ・・・と、一連の流れに添って進んでいきます。

濃茶とは、特に上質な抹茶をたっぷりと使って、とろりと点てるもの。
それこそ儀式のように厳粛にすすめられ、ひとつのお茶碗で、同席した皆で飲みまわします。

では、よく耳にするお茶会とは何でしょうか。

それは、この「茶事」の一部、濃茶や薄茶の部分を取り出して行う会や、おもてなしのことです。
不特定多数を招き、お寺などの施設を使っていくつも茶席が設けられて行われるものを、特に
「大寄せの茶会」といいます。
一般的に「お茶会」と聞いて浮かぶイメージは、こちらかもしれません。


薄茶

薄茶とは、もともと濃茶の後に点てられる気軽なお茶のことです。和カフェや甘味処などで
出されるような、さらりと点てられたお抹茶です。こちらは、ご家庭でも気楽に楽しめます。

そして、茶の湯のおもてなしはもてなす側の亭主だけが行うのではなく、もてなされる客もまた
亭主の進行を助け、時には亭主をもてなしながら行われます。
和やかな雰囲気の中、お互いがやり取りをし場が一つとなる・・・
茶の湯の良いところであり、心の交流ともなるところなのです。

▲ ページトップへ

3.日本のお茶の歴史 その1 利休の登場まで   

- 奈良時代 - お茶の始まり

奈良の釣り灯籠

お茶が最初に日本へやってきたのは、奈良時代です。
最澄ら遣唐使が持ち帰り、薬用として飲用されました。嵯峨天皇にも献上された記録があります。
当時は、限られた上流階級のみが薬用として飲むことが出来たものでした。

お茶を飲むという習慣は定着せず、またその後、遣唐使も廃止されお茶そのものが
入手出来なくなったため、廃れてしまいます。

- 鎌倉時代 - お茶の再渡来

建仁寺

その後、鎌倉時代に再びお茶が日本に渡来しました。

1191年 禅僧 栄西が宋より帰国し、禅の教えとともに茶の木の種、苗を持ち帰り
育成を奨励します。

1206年 栄西の弟子、明恵が栂尾(とがのお)に高山寺を建立。
そして茶樹を植え、栽培に成功します。

輸入だけだったお茶が、日本で栽培されるようになったのです。

修行僧たちの間で眠気覚ましに良い、と広まりました。
後に明恵は宇治へも苗を伝えます。これが現在のお茶の名産地・宇治の始まりです。

1214年 栄西が「喫茶養生記」を著し、体も弱く二日酔いだった鎌倉幕府将軍・実朝に
お茶とともに献上しました。

京都から鎌倉へ、政権の中枢へお茶が伝わります。

薬用だけではない抹茶の習慣が、武士の思想にも合う禅宗の教えとともに
広まっていきました。

ところが、お茶の産地(栂尾か否か)を当てる闘茶が流行し、
婆娑羅(ばさら)大名などにより、豪華な景品を競うようになります。

とうとう法律・建武式目にて闘茶が禁じられてしまいました。

しかしながら、この闘茶の流行のおかげで庶民の間にも
お茶が浸透していきました。

1403年に1服1銭で東寺の門前でお茶が売られていた、という記録が
残っています。

室町時代になると、書院造に対応したお茶の文化が発展。同朋衆(鑑定に従事)たちが
中国から渡来してきたものを飾り、お茶を振舞う様子が記録に残っています。

- 室町~安土桃山時代 - 侘び茶への転換

室町中期から桃山時代にかけて、お茶の世界は大きく転換します。

奈良の僧・村田珠光が大徳寺一休禅師に師事し禅を学び、
その精神を茶に取り込み「草案の侘び茶」を確立。

一間床の付いた四畳半に炉を切る、竹台子などを考案し和物を組み合わせました。

その孫弟子の武野紹鷗は、竹を切って蓋置に、自ら竹を削って茶杓を作り、
釣瓶を水指に使い、四畳半より狭い三畳敷きなど、小屋敷を考案。

珠光の侘び茶の世界を深め、進歩させます。

そして、いよいよ茶の湯を完成させた千利休が登場するのです。




▲ ページトップへ

4.日本のお茶の歴史 その2 利休から現代まで   

- 戦国時代 - 利休の登場

井戸.jpg

堺の豪商、納屋衆の家に埋まれた宗易(後の利休)は、教養を身に
つけるべく、様々な習い事をします。その一つが茶の湯でした。

傾倒した利休は、南宗寺で修行し後、北向道陳の紹介によりやはり堺を
代表する豪商であった、武野紹鷗に弟子入りしました。
利休はやがて堺の町衆に目をつけた信長により目を掛けられ、秀吉へと
続きます。

政権に寄与しながら、紹鷗の時代よりさらに侘び茶を一歩進め、にじり口
二畳という極小の空間を作りました。

また、今までは渡来のもの(唐物)を良しとして転用していた茶の湯の道具類を、
手法や寸法まで細かく指定し、専用の道具を誂えました。

それが「利休好み」。利休が茶の湯の名プロデューサーと呼ばれる所以です。

また、日本にある農民や町民が使っていたような、いわゆる「雑器」と呼ばれるものも
自らの茶の湯の世界に合えば、積極的に取り入れました。
(時にはその価値を示すべく、法外な値段を付けたようです。)

これが利休による侘び茶の道具の誕生でした。

その代表例が楽茶碗と竹の花入。

轆轤(ろくろ)ではなく手づくねで製作された茶碗に、使い捨て素材の竹に
花を入れておもてなしの席に・・・と、一見退化し、質を落としたような工芸品を
使いながら現れたのは侘び茶の美しい世界。

卓越した美意識・センスで、独自の茶の湯の世界を作り出していきました。

戦国時代という時代背景が、利休の茶の湯の創意工夫・茶室の仕掛けや
道具類などに大きく影響していますが、利休によって、道具や設えが
国内のもので構成され、専用の道具類が作られました。
そして、信長の本能寺の変で焼失した茶道具の名品にこれらが取って代わり
さらに高額な価値が付けられたのです。

時の権力者たちを助けもし、その審美眼で虜にもしましたが、やがて秀吉が天下を統一。
権力を誇示するため豪華絢爛に突き進む秀吉と、侘び茶の完成へ向かう利休。

天下人・秀吉との対立が深まってしまいます。

例えば・・・
珍しい朝顔が咲いていると聞いた。見に行く!という秀吉を
庭に咲いているその花をすべて切り取ってしまい茶室に1輪。

(毒に反応するため身を守る術とも言われていますが)黄金の茶室を
作らせた秀吉ですが、利休は1畳半まで侘びた風情。

感嘆するものの、やっぱりどこか面白くなかったと言われています。

大徳寺の山門の件で蟄居を命じられ、ついに切腹となりました。
(武士でもない利休が切腹と言うのも、武士にとって切腹は斬首よりまだましであり
利休を慕う武士たちの反発を和らげようとした、という説があるそうです)
蟄居の折、最後の茶会でもてなした客は家康。切腹の折、介錯は古田織部。
織部に与えられた茶杓「泪」を、筒に位牌のように窓を開け、拝んだと伝わっています。

その「泪」の茶杓は現在、国宝に指定され徳川美術館に収蔵されています。
(後に古田織部は家康に味方しますが、豊臣家との内通を疑われ後嗣とともに切腹を
申し付けられています。利休の権勢の再来を家康親子が危惧したのではとの説があります)

▲ ページトップへ

- 利休以後の茶の湯 流派のこと -

炉

利休の子孫にも咎めが及び、先妻の子・道安は飛騨高山へ、後妻 宗恩の
連れ子・少庵は利休の高弟・蒲生氏郷に匿われます。

家康、氏郷、他諸大名の尽力により、秀吉にとりなしがなされ千家の再興が
叶いました。

* それを伝えた召出状は、家康や氏郷の連署があり、現在不審菴(表千家)
に伝わっています。軸装され、隔年でお正月に床の間に飾られています。

道安は堺へ、少庵は子の宗旦とともに京都市内でわび茶を続けました。

その時代にも、引き続いて茶の湯は大名たちのたしなみのひとつであり
優れた茶匠を召し抱えていました。

利休の孫・宗旦は、幕府を始めとする大名からの出仕の誘いを断り、
社会の情勢に左右されることなく、利休の残した侘び茶の体現に徹します。

やがて、一般の町衆へも茶の湯が広まっていきました。

江戸時代になり、徳川家による幕府が開かれ、政情が安定したため
宗旦はやっと息子たちを各大名家へ出仕させます。

三男江岑宗左(こうしんそうさ)は、徳川御三家筆頭の紀州藩に。
四男仙叟宗室もやがて請われて加賀・前田家へ。

後に宗旦は、三男・江岑宗左に家督を譲り利休の茶室・不審菴(ふしんあん)を
継承させ、四男と不審庵の後ろに隠居所を建てて住みました。それが今日庵です。
これまで住んでいた不審庵の裏側に当たることから裏千家と、それに対して
不審菴は表千家と呼ばれるようになりました。

家を出て塗師となっていた二男は、武者小路に居を構え官休庵をひらきました。
(武者小路千家)

上記は三千家とよばれており、現在も利休の年忌を共同で行うなど
利休の茶を追求し、それぞれの形で発展させ現在に至っています。

お正月になると、裏千家などのお家元は表千家にご挨拶に来られ
お互いの初釜に招き、招かれたりなどされています。

利休の弟子も、宗旦の弟子も、大名・町衆それぞれの身分・立場で
流派を掲げています。

男性が行うものだった茶道が一般女子へと広まったのは、明治時代。
今日庵(裏千家)により女子の学校教育で茶道が始められたことが
きっかけとなっています。

以後、様々な流派において特に戦後は多くの茶道教室が開かれ今に至っています。

茶の湯の歴史については、表千家不審庵のwebサイトを参照しました。
表千家不審庵:茶の湯の伝統
http://www.omotesenke.jp/chanoyu/2_0.html


▲ ページトップへ

5.茶入のこと    

茶の湯のおもてなし、とは濃茶を差し上げ美味しく味わっていただくこと。
そのお抹茶を入れるものが「お茶入(ちゃいれ)」で、その由来は
中国から渡ってきた薬などを入れた焼物の小瓶がもとになっており
とても大事なお道具の一つです。

それは保護する巾着袋のような物、仕服(しふく)に入れられています。
さらには仕服の紐の結び方で、お抹茶が入っているかどうか見分けることが
出来ます。

その小瓶に象牙で蓋をあつらえ(牙蓋(げぶた))、その蓋裏には
金箔が貼られています。
(最近はお稽古道具ではプラスチックの蓋も多いようです)
象牙は解毒作用があると信じられ、裏に貼った金箔も毒を避けるためと
言われています。毒が入っていると、黒ずむのだそうです。

中国でも、象牙の箸を使うと、毒が入っているとポキンと折れるので
分かる、といって使われていたとか。
また、茶入に象牙の蓋を用いたのは、口の部分に傷をつけないため
他素材を探し、茶入の価値と見合うものが象牙だった、という説も
あります。

お茶入は、お濃茶が入っており、お点前で通常使用されます。
仕舞いかけたところで、正客(主客の方)が拝見を所望し
客が茶入等を拝見することができます。

どこを見るのか?は下の画像をご覧下さい。

部分のつくりと、それぞれの景色(釉薬の具合や窯変など)を拝見・鑑賞し
産地なども拝察するのです。
形が色々あったり、蓋も虫食いと呼ばれる傷があるものは「ス」と呼ばれ
見どころになるのです。

茶入れ.jpg

大切に扱うため、自分の両肘を畳に付けて拝見します。

例えば、画像中央の、置形という文字の下のとんがりあたりまで、釉薬がひとすじ
上から下に向かっての流れている部分があり、「なだれ」。

右側の下「土見(つちみ)」。通常釉薬がかかっておらず、土台の
土の部分が見えるのです。
こちらも手脂(てあぶら・手の脂のこと)が付かないよう、なるべく釉薬の
かかっている部分を持つことになっています。

亭主(お茶を点ててもてなす人)に、客の全員が拝見し終わると道具を戻し、
正客がそれについて尋ねてくれます。
なぜ聞くのか?それが、茶の湯のおもてなしのテーマに添っていることも
大いにあるからです。

このやり取りの中で、この日のための亭主の心意気・心配りを
知り・・・語られるストーリーに感じいる瞬間でもあります。


茶入については、以下の質問を。

お焼きは?(どこで焼かれたもの?)
お成りは?(どんな形?)
仕服のお裂地は?

↑これはお稽古されている方には、おなじみのやりとりですね。

- 茶入の由来を解き明かす、名前 -

産地や由来、形状などは、お茶入れの名前に織り込まれていて
そのものについてわかるようになっています。
(日本の陶磁器なども同じ。)

例) 唐物 大名物「初花」写

こちらのお茶入の名前から分かることは

中国から、しかも東山文化の時代に渡ってきた「初花」という名前が
つけられたお茶入の写し

ということです。


・唐物→中国渡来のもの
・大名物(だいめいぶつ)→東山文化時代に中国から渡来のもの
・「初花」→この茶入れにつけられた名前
・写→写しとして造られたもの


というわけです。形状の名前が入ったり、入らなかったりします。
カテゴリーの順番も、前後します。

例2) 利休尻膨 大名物唐物写

漫画へうげものにも登場した、有名なそして曰くつきの品物。

この名前から分かることは

利休に由来がある、尻膨(しりぶくら)という形状の、東山時代に中国から渡来した茶入の写し

大名物=東山時代ですから、利休はまだ生まれていません・・・ので、何らかの
由来があるのかしら?ということです。

事実利休が気に入り所持。その後家康の手に渡り、ようやく細川家へ・・・と渡った茶入でした。
今は、永青文庫が所蔵しています。

さて、では実際の分類です。

【 産地について 】

中国渡来のもの、国内で焼かれたもの、南方から渡ってきたもの、という3種類に
分けられます。

・唐物(からもの) 鎌倉時代以降、中国から渡ってきたもの

・和物(わもの) 古瀬戸・本窯・後窯・国焼など日本各地で焼かれたものの総称。
           (国焼と和物を分ける、とする説もある)
           その景色のでき具合に重点が置かれる。よく見かける信楽や瀬戸、
           薩摩、膳所(ぜぜ)、赤膚(あかはだ)・・・等は、「国焼(くにやき)」と
           呼ばれます。

・島物(しまもの) 南蛮貿易などにより、南方の島(東南アジア、南中国、ルソン、琉球など)
            から渡ってきたもの

【 形状について 】 

唐物は形の特徴によって、色々な種類があります。
和物も最初はこちらを模して作られたので、和物にもこの形状の名前が
茶入につけられていることがあります。

代表的なものをあげますと

・肩衝(かたつき)
・文淋(ぶんりん) りんごの形、という説もあり
・茄子  そう、野菜の「なす」です。
・丸壷(まるつぼ)
・大海(たいかい)・中海(ちゅうかい)・小海(しょうかい) 平たい形状
・鶴首(つるくび)

などなど。

【 格付けによる分類 】

*美術館によく出品されています。お盆の上に載せられているのも、
その由来を伝えています。

・大名物(おおめいぶつ) すでに東山時代に渡来していたもの
・名物(めいぶつ) 利休の時代に選ばれたもの
・中興名物 小堀遠州が選定したもの


さらにこれ以外には、特別に「銘」や所有者の名前が名称につけ加えられることがあります。

いずれにせよ、茶入れの名前はその由来や形状など、その「茶入」を語るものなのです。
そして茶入れに限らず、茶道具はただ使われるだけではなく、それを用いる亭主のお心入れを
表してるものでもあるのです。

▲ ページトップへ

6.茶杓のこと    

茶道具のお話、茶入の次は茶杓です。こちらも「お」をつけて
「お茶杓」と呼んでいます。茶人にとっては「刀」のようなもの。

茶杓を削っていると本当に刀を研いでいるような心地になり
それを知ってから、お点前で茶杓を拭き清めるときの気持ちが変わりました。

このお茶杓も特別に「銘」が付けられたものがありますし、拝見させていただけます。
昔は茶人が手作りしたことが多かったそうで、使用も1回限りだったとか。

利休時代以降は筒に入れて保存しました。銘をつけるようになったのも
この頃からだそうで、その筒には銘や花押を書き、さらに箱に入れて
保存するようになっています。

材質は色々有りまして、代表的なものを上げますと

・竹(種類や模様、節の位置・数も様々。真ん中の節=中節を最初に用いたのは利休*1)
1本の茶杓に3つ以上節があるものもあります。*1は記事下部に追記。

・象牙(牙とも)

・木材(黒檀や梅、胡桃、桜や梅も拝見したことがあります)
さらに塗りをし、蒔絵などの技法で絵がかかれたものも。

ほかに昨今耐熱ガラスのものも、夏にお道具屋さんで見かけます。

お茶を掬う道具ですが、お茶を祓うために(天目茶碗以外は)表千家では
お茶碗のふちにコツコツと2回打ちます。(今日庵・裏千家は1回)

一つの見せ場となりますが、相手は茶碗ですので力まずに・・・
(長年大体同じところへ打つので、ヒビが入ることもあり、楽茶碗などは特に注意)

各部の名称はこちらです。

茶杓名称

竹も、ただの白竹でなくごまの模様だったり、すす竹だったり・・・と材質もいろいろあり
穴が開いている部分を面白く使っていたりします。それが銘に反映されたりして
面白いところです。

太さ、そして曲がっているところ「櫂先(かいさき)」、その先の「露」の形もそれぞれ異なり
見どころとなっています。

節の部分のあたりの反りも見どころで、「蟻腰」などもそうですね。
(横から見れば、蟻のくびれみたいに見える)

- 名物の茶杓について -

では、茶杓の名物をご紹介しましょう。

利休が切腹前に茶杓を二つ削って弟子の二人・古田織部と細川三斎に
形見として分け与えました。その2本がこちら。

1.泪(なみだ) 徳川美術館所蔵→***
古田織部に与えた1本。なお、織部は利休の介錯も請け負いました。
その筒に四角い窓を開け、位牌として拝んでいた、という。

その後織部は、謀反の疑いを掛けられ、お家断絶となり
その茶杓は徳川家へ渡りました。

2.ゆがみ 永青文庫所蔵→***

細川三斎に与えた1本。節の下には、虫穴(虫食いの跡)があるそうです。
腰の部分も真っ直ぐな直腰(すぐこし)ではなく、面白いもの。

茶人の刀である茶杓を、武士である弟子に形見として分け与えた。
常に懐中できるものであり、刀に対して魂をもつ武人。
そして切腹の経緯と周囲の反応、天下人の有様、利休の辞世の句。

形見分けをされた2人の武士の胸に去来するものは、何だったでしょうね。

その二人の武士の弟子のうち、古田織部に悲劇が襲います。
徳川に味方するも、豊臣に通じたと謀反の疑いを掛けられ、嫡男共々
切腹、お家断絶となるのです。
これは利休の影響力を知っていた家康・秀忠が織部を恐れたから、とも
言われています。
利休は豪商でしたが、織部は武士。できたての幕府は武士政権。
家康や秀忠がそう考えたのも無理はないかもしれません。

家康は利休の切腹前に催された、最後の茶会の客の一人であり
また、後継の少庵を京都に戻すよう、秀吉にとりなした一人でした。
(その折の書状、蒲生氏郷と連名の召出状が、今も表千家に伝わっています。)


この2つの茶杓を見るとき、そんなドラマが頭をよぎるのです。

ちなみに、東京国立博物館のコレクションには、武野紹鴎の茶杓がございます
こちら

ぜひ拡大して節の位置などご覧ください。筒は宗旦(利休の孫にあたる)が
後に贈ったもの、とあります。
***

お道具を拝見する間は、後ほど伺う銘を楽しみに色々眺めます。お茶杓であれば
露は、櫂先はこんな形なのね、こんなお色の、材質のものなのね、など。
節無しの場合は、真ん中よりは下の部分を、中節の場合も節の下を
持つようにします。

拝見が終わり、亭主の下にお道具が返されたあと正客が亭主に
作者や銘を尋ねるのです。

例えば・・・

拝見が終わったら、正客が亭主に茶杓についても尋ねますよ。

・お茶杓は?

作者と銘があれば答えていただけます。作者のみのご返答だったら

・何かご銘でも? 

と続いて尋ねます。

その銘が、季節や今日の茶事・茶会にぴったりのものだったら!
一同又、そのストーリーに盛り上がったり、感動したりします。

その瞬間は亭主のお心入れに、こちらの心も行き交う。
そういう瞬間に出会うと、ずっと覚えていて、季節や何かの折に
また思され、その日の感動が胸によみがえります。

お茶をやっていてよかったと思える、貴重なひと時です。

*1 中節の茶杓について

この記事は、平成11年にNHK出版より発行された「表千家 茶道具ものがたり」に
基づいて初心者向けに書いているものです。
その中では、「竹の中節の茶杓は、利休が考案したもの」とされています。
利休の最初の師である北向道陳(きたむきどうちん)、もしくはもう少し前の茶人達が
中節の茶杓を作っているので、利休が最初ではない、という話が史学ではあるそうです。

なお、表千家家元の公式webサイトでは、以下のように記述されています。
http://www.omotesenke.jp/chanoyu/7_6_19b.html



▲ ページトップへ

Q1全くの初心者で、一人参加でも大丈夫ですか?
A1) はい。講座内容にもよりますが、ほとんどが初心者対象のクラスです。初めてで、一人参加の方も多く、ご安心下さい。
Q2: 他の講座の勧誘がないかちょっと不安です・・・
A2) より多くの方に茶道を愉しんで頂くために講座を開催しています。他の講座の無理な勧誘は一切行なっておりません。
Q3: 続けてこないといけませんか
A3) 1回完結のクラスもございますので、お気軽にお申し込みください。講座内容はこちら
Q4: 男性の参加も可能ですか?
A4) はい。過去にも数回、数名の方にご参加いただいています。もともと茶道は男性が練り上げてきた文化ですし、ビジネスマンや日本料理人、日本文化に興味のある学生さんもいらしていました。教養として身につけたい方、ご自身の専門に生かしたい方、ご趣味の方から目的は様々です。また、状況によっては男性と女性とで所作や扱いが異なる場合もございます。講師は女性ですが、必要な場合はきちんとお伝えしております。
Q5: 講座の開催については、どこでわかりますか?
A5) はい。決定次第最新情報は、ブログで発信しております。
Q6: 茶道の流派はどちらですか?
A6) 京都に家元があります、不審菴(表千家)です。千利休の子孫の本家です。
Q7: 茶道の流派の違いは?
A7) 茶道においては、抹茶によるおもてなしという点では、どの流派も同じコンセプトです。そのお茶をどのように美味しく点てるのか、様々に試行錯誤した結果が違います。
千利休の子孫である流派は、特に三千家と呼ばれて京都に家元があり、利休からその孫に当たる宗旦などの記念行事は共同で行っています。三千家とは、宗左の継いだ不審菴(表千家)、宗左の弟宗室が起こした今日庵(裏千家)、一旦は塗師となり、後に茶家を起こした宗左の兄・宗守を祖とする官休庵(武者小路千家)のことです。

▲ ページトップへ